DUOザクレンジングバームでニキビができる、できない人の違いは?

DUOザクレンジングバームとニキビができる人の関係性

DUOザクレンジングバームがニキビができる人に効果があるって噂がありますが、本当でしょうか??

ニキビができる人とできにくい人の肌によるDUOザクレンジングバームの効果の違いはあるのでしょうか?

反対にDUOザクレンジングバームを使ったらニキビができるという噂もあります。実際はどうなのでしょうか?

今回は、この正反対の噂についての事実確認です。

同じDUOザクレンジングバームという商品を使っているにも関わらず、ニキビに効果があるという口コミとニキビには効果がないという口コミの2種類が存在するのはどうしてなんでしょう。

まず、ニキビができる人に効果があるという口コミから検証していきます。

口コミ ① ニキビが完全になくなったわけではないけれど、新しいニキビができにくくなったので、効果があったのではないかと思います。(20代 女性)

口コミ ② 小鼻のところの黒ずみが気になっていましたが、だんだん気にならなくなってきているので、黒ニキビには聞いているように思います。(30代 女性)

口コミ ③ 肌のざらつきと、時々ストレスがたまった時にできるニキビが気になっていましたが、最近はニキビができる頻度が少なくなり、肌のざらつきをあまり感じなくなりました。

という意見があります。

反対に、ニキビができる人には効果がないという口コミを検証していきます。

口コミ ④ 化粧が完全に落ちていない感じがします。そのうえ、ニキビが増えたように感じます(20代 女性)

口コミ ⑤ ニキビが消える前に顔が赤くなって突っ張ったような感じになったので、使用は中止しました。(30代 女性)

という意見があります。

これだけだとよくわからない結果になってしまいました。続いて、DUOザクレンジングバームを検証してみます。

DUOザクレンジングバームについて

DUOザクレンジングバームは、W洗顔不要で、何度も洗顔をしなくても1度の洗顔でいいという利点があります。

1.何度も洗顔しないので、2.乾燥しすぎることなく肌への負担も少なく、3.洗い上りの肌はしっとりするということが売りになっています。

それなのに突っ張ったような感じになるということは、乾燥していることなのかと思ってしまいます。

乾燥について調べると、31種類の保湿成分のあるDUOザクレンジングバームですが、極度に乾燥肌の人の時には、DUOザクレンジングバームを使用しても補いきれない場合もあるようです。

赤くなる人も肌に合わなかったのかもしれません。DUOザクレンジングバームも化粧品なので、肌に合う合わないはあると思います。

肌に合わない場合には、使用を中止するほうがいいと思います。

DUOザクレンジングバームの公式サイトでは、D.U.Oカスタマーサービスセンターで相談にのってくれるみたいです。

問い合わせしてみるとニキビができる原因には意外な理由が潜んで知るかもしれません。

口コミでいいという人もいるので疑問に思うことは聞いてみて、納得したうえで使用するのがいいですね。

>>返金保証つきで1番お得に買えるページをみてみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする